Home » Windows設定 » タスクバーの設定

タスクバーの設定

category : Windows設定 
Print Friendly, PDF & Email

タスクバーの表示方法を変更する方法

タスクバーにあるボタンの表示方法を変更や、タスクバーの表示をグループ化しないようにすることができます。

  • [スタート]ボタンを右クリックし、表示されたメニューの[プロパティ]をクリックします。
  • [タスクバーのボタン]の[ ▼ ]をクリックして、複数開いているときの表示方法をクリックします。
  1. 常に結合、ラベルを非表示
    項目名が記載されていない1つのアイコンとして表示され、同じ項目が複数開いているときにも同様に表示されます。
  2. タスクバーがいっぱいの場合に結合
    ラベルのある個別のアイコンとして表示されます。タスクバーがいっぱいになると、複数の項目を開いているプログラムが1つのアイコンにまとまります。
  3. 結合しない
    ラベルのある個別のアイコンとして表示されます。タスクバーがいっぱいになっても、1つのアイコンにまとまりません。項目が増えるにつれ、アイコンの大きさが小さくなります。

タスクバーにソフトウェアのアイコンを追加する方法

タスクバーにソフトウェアを追加すると、1回のクリックで簡単にソフトウェアを起動できるようになります

  1. [タスクバーに表示されているソフトウェアのアイコンを右クリックし、表示されたメニューから[タスクバーにこのプログラムを表示する]をクリックします。
  2. タスクバーからアイコンを削除するには、アイコンを右クリックし、[タスク バーにこのプログラムを表示しない]をクリックします。

タスクバーを自動的に隠す方法

初期の設定では、タスクバーは常に表示されるようになっています。
設定を変更することにより、タスクバーを使用しない限り画面の端に隠すことができます。

  • [スタート]ボタンを右クリックし、表示されたメニューの[プロパティ]をクリックします。
  • [タスク バーと [スタート] メニューのプロパティ]画面が表示されるので、[タスク バー]タブをクリックし、[タスク バーを自動的に隠す]にチェックをつけます。
  • [OK]ボタンをクリックします。
お問い合わせ

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目9番35号トウセン天神ビル8階
TEL:0120-44-9800 FAX:092-303-8170 受付時間:10:00~20:00

ページのTOPに戻る